アルの水飲み

 

わが家の飼い猫アル(Albiflora ラテン語で白い花の意)はトイレの蛇口からときどき水を飲みます。直接であったり、いったん手(前脚)に受けて横向きになった水流を舌でうまくすくい取ったりします。

2枚目の写真は、鼻先に付いた水滴の舐めとり。3枚目の写真は、舌の先を後方に巻いて水をすこしためてすばやく口の中に運んでいます。ふだんボウルから水を飲むときも同様の舌の使い方です。また手は他の部分とちがって細かく短い毛がかなり密に生えているせいか、こうやって水を受けてもはねかえすだけで全然ぬれません。

ボウル(陶製のどんぶり様のもの)にいつも水は入れてあるのですが、やはり猫も蛇口からの新鮮な水のほうがいいのでしょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA