狭霧橋からのぞむ月山沢

 

鳥海山の南面にある渓谷の二ノ滝渓谷ですが、5月下旬の某日、一ノ滝から三ノ滝あたりまで月山沢右岸上部の山道を散策しました。月山沢は月光川の本流筋で、月光川ダムより上流でおおよそヨネ沢との合流点より上を山屋さんは月山沢と通常呼んでいます。

一ノ滝駐車場から一ノ滝・二ノ滝までは遊歩道も整備されていますが、二ノ滝手前の橋をわたり月山沢左岸に出てから上は登山道となります。ブナ林の中を左に谷川の音を聞きながら10〜15分も登ると、今度は左側に鉄骨の頑丈そうな橋が見えてきます。狭霧橋(さぎりばし)といって、これを渡りジグザグの急な坂をあがるとT字路です。右に折れてさらに登行すれば万助道横道へ、左に折れて下っていけば一ノ滝駐車場からもうすこし先に延びてきている車道の終点です。

さて狭霧橋ですが、やや強い雨が降った後だったので、月山沢はたいへんな水量です。轟音があたり一面にこだましています。あまりの急流なためにほぼ真っ白な泡立ちが上流にも下流にも続くばかりです。とても美しくはあるもののさすがに怖さを覚えますね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です