シュンラン

 

鳥海山の某所に咲いていたシュンラン(春蘭)です。ラン科でシンビジュームの仲間です(Cymbdium  goeringii)。草丈は10〜25cm、低山域の落葉樹林の下に生える多年草。つまりある程度陽当たりがよくないとだめなのですが、落葉広葉樹が葉を茂らせる前にいち早くシュンランは花を咲かせるというわけです。もうすこし経つと樹木だけでなく背の高い草の陰になってしまいますから。

個人的には派手な色彩と形状のいわゆる洋蘭はあまり好きではありません。ことに園芸品種として改良された蘭はもらってもぜんぜんうれしくもありません。それにくらべると、このシュンランのような野生種の静かなたたずまいはとても好ましいと感じます。花の色は淡緑黄色なので、気をつけないとその存在に気づかない場合もあります。

シュンランは別名をホクロといいますが、3枚目の写真でわかるように唇弁にある斑点をほくろに見立てたとのこと。う〜ん、これはあまりに即物的ですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA