獅子ヶ鼻湿原へ

 

4月23日は午前中に平成29年度の鳥海山・飛島ジオパークのジオガイド上級講座の第1回目がありました。私は1期生で、すでに認定ガイドとなっているので、2期生が対象となる本講座には必須ではなく、希望者のみの自由参加です。私は遊佐エリアと酒田エリアの受講を申込しています。せっかく象潟まで行ったし天気もいいしということで、午後からは鳥海山北面の標高500m付近にある獅子ヶ鼻湿原に出かけました。

入口の「中島台レクリエーションの森」駐車場まではだいぶ前に道路の除雪はされているのですが、それより上は夏道の歩道はほぼ全体がまだ雪に覆われていました。しかし先行者の足跡が雪面についていたのと、ここには無雪期ですが何度も来ているので、なんとか地形を読みながら全域を周回することができました。途中、高校の山岳部の一段と、女性の単独行一人とすれちがった以外はほかに登山者はおらず、とても静かでゆっくりとした雪山散策となりました。この時期ならではの景観もいろいろ味わうことができてよかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA